[メインページへ]
Information
〇 岩井昇山 (Shozan Iwai)
IwaiShuichi.jpg
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E4%BA%95%E6%98%87%E5%B1%B1
写真:岩井秀一(昇山の父)
孤高の画家:岩井昇山は、当社代表:日岡直樹の曾祖母の兄にあたります。昇山の父、岩井秀一は日岡直樹の高祖父です。日岡は自身の祖母やその親戚縁者から、岩井秀一と岩井昇山について、多くを語り聴いていますが、以下の点で、国会図書館に残る太政官資料とほぼ一致しています。岩井昇山の本名は岩井小五郎。小五郎の名は、岩井秀一が京都の自宅に匿った桂小五郎自身から、秀一が次男生誕に際し譲られたものです。岩井秀一は幕末、平安時代から続く役職である北面の武士の任に就き、禁門の変では睦仁親王を最側近で警護しました。維新後は三条実美の下、太政官府の役人を勤めました。明治天皇から拝領した上野御徒町の広大な土地をかつての同僚や部下(幕府方に付いたため維新後に没落)のために分割しながら次々と売却し、多くの困窮した仲間を金銭的に援助したことが語り継がれています。岩井秀一の葬儀のときは窮地を助けられた人々が、小さく質素になった御徒町の岩井家に集まり、長蛇の列をなしました。秀一没後は小五郎が岩井家を継ぎますが、関東大震災により家が消失し、埼玉県寄居町に移りました。以降、岩井昇山(祖先の姓を取り藤原昇山と称した場合も有り)は、独自の画風を確立しましたが、世継ぎを残すことなく、昭和28年、同地で没しました。享年81歳。
Information
[メインページへ]
Copyright(C) MedicaLingual Inc. All Rights Reserved.
本サイトの文章・画像の無断転用、転写はご遠慮下さい。